!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd"> 着物地の洋服:2017年03月 

京つう

  ファッション・着物  |  洛北

新規登録ログインヘルプ


2017年03月28日

見えない力

稀勢の里の優勝で私も感激から涙が出ました。
そしてその夜のスポーツニュースでの言葉「見えない力を感じた場所」と感想を述べていたのがとても印象的でした。
と言うのは私もこの着物地から洋服にするという仕事を初めてから29年の間
感じた不思議な力なんです。
その時にはまだまだこの仕事が珍しいとされていても確立されない時、
でも一生懸命毎日毎日この素敵な着物からおしゃれな服に変えられないかと工夫してひたすら創っていました。
そんな時に感じた「後ろから押してくれる」自然とアイデアが浮かぶ感じをふっと思いました。
この仕事に真摯に受け止めて続けてきたからかもしれません。
どの分野であってもこんな感じになることはあるんだと思いました。
創っていてへこんだり、又時には素敵ですねと言われたりしながら
続けてこられました。有難く幸せ者だなと思いましたね。  


Posted by 布遊館 at 11:34Comments(0)

2017年03月10日

寒い…

またまた冬に逆戻り。
一度体が暖かさを知った上でこの寒さは堪えるなー
コートも脱いでこのジャケットを着てと思うが当分お預けだ。
寒さゆえに家に閉じこもり、ひたすら生地とにらめっこしたら縫いだす。
おかげで春らしいチュニックブラウス2点が出来た。


  


2017年03月05日

24節季  啓蟄の日  梅





エプロンドレスの柄も枝垂れ梅、「黒地にしだれ梅尽くしの羽織から」


陽ざしは確実に春、昔の人はこのように節季を決めて正確に季節の変わり目を体で感じていたんだなと
つくづく思う。
今日は暖かな午後になりました。
我が家の梅も水仙の芽も順調に土から出てきています。
  


Posted by 布遊館 at 16:04Comments(0)季節の花世界で一つの服作品